初心者が覚えると便利な会計の基礎知識

仕訳のルールと損益及び損失の重要性

アウトソーシングに任せる会社が増えている

ここ数年ですが、自社で会計処理を行わずにアウトソーシングに委託をしている会社が増えています。
経営にかかわる内容なので、できれば発生主義や減価償却そして経過勘定は把握しましょう。
基本的な簿記や決算書まで可能であれば自社で行う事が望ましいです。
初心者向けの簿記三級程度の基礎知識があればこれらを知ることは可能です。

契約している税理士に任せる場合がありますが、会社の経営状況を把握するには会計の基礎知識が必要になります。
理由としては試算表などそれぞれの書類の見方がわからないからです。
書類がどのような数字を表しているか初心者向けの本で確認が可能です。
関連している書類で矛盾がないか確認が出来る力を養いましょう。

税効果会計とは何かを知る

初心者が覚えたい会計の基礎知識に税効果会計が何を表すかがあります。
税効果会計とは決算書を含めた会社の会計と、法人税など税金の処理に矛盾がないか確認する事です。
法人税の額は損益計算書をもとに算出されるで、これが間違っていると矛盾が生じます。
法人税に関わるので会計処理は正確でなくてはいけません。

税効果会計を行う事により会社が納付する法人税の調整の対象になるのは、利益と課税所得との差です。
多くの企業でこれを会計する事によりメリットがある可能性があります。
繰延税金資産の回収可能性の判断を行ないますが、資料として課税所得などが該当します。
期末ごとに繰延税金資産の回収が可能か検討して処理を行うのがポイントです。