初心者が覚えると便利な会計の基礎知識

会計に関係する税金の種類

会計処理の流れとストックとフロー

初心者がまず覚えなければいけない会計の基礎は処理の流れです。
取引が発生すると会計伝票に記入しますが、これが仕訳です。
会計伝票には三種類があり、入金と出金そして振替になります。

会計伝票に記入した取引を基本にして、総勘定元帳や補助簿を作成します。
総勘定元帳を集計して試算表をまとめる事により正確な資料か確認が可能です。
試算表をもとにして決算書をまとめるのが会計の一般的な流れとなり、数字が合わないときは見直しが必要です。

どのような手順で処理を行うべきか優先順位を期日ごとに把握します。
記入漏れがないか途中で計算して照合をしましょう。
最終的に必要なのは決算書ですが、資料としてそれぞれの処理をした伝票が必要です。


ストックとフローとは

会計でよく耳にするストックとフローとは、会社の手持ちの財産とある期間の変化を示し借り入れ金も該当します。
この二つを把握する事により、会社の経営状態の目安になるので重要です。

わかりやすい項目として資本金は変動しないのでストックで表記され、一方の会社の利益や費用は変動するのでフローで表記されます。
フローは経営成績を表すので、この両方を正確に把握する事が会計で必要な情報になります。

簿記では貸方と借方といった表記を行っている専門用語です。
ストックが貸借対照表そしてフローを表すものが、損益計算書と一般的にされている会計処理です。
両方を合わせて矛盾が無いようにするのが、初心者向けの会計に関わる内容の一つです。