初心者向け!会計の基礎知識

初心者が覚えると便利な会計の基礎知識

会計の基礎的な処理内容を覚える

初心者向けの会計がわかる基礎知識に、期日ごとのやるべき処理があります。 それぞれの期日に合わせた処理を行う事で、会計の基礎知識が覚えられるようになる方が多いです。 税金の種類やそれぞれの期日別に行う必要がある、基本的な会計の処理内容をまずは覚えましょう。

期日別の業務

三つの主な業務の中で毎日行う現金の出納管理や残高管理があります。
伝票の起票と整理や受注や出荷の集計そして立替経費の精算が毎日行うべき会計の作業です。
期日別に行う会計の期日の種類は日次、月次そして期末決算があります。
この作業を覚える事が基本的な会計についての知識を習得するポイントです。
日次で行う主な内容は現金と会社の預金についての管理です。
請求書及び領収の管理を行い、伝票や帳簿をその都度処理します。

月次処理でするべき内容の中で重要なのは月次決算書の作成です。
請求書の発行や売り掛け金の管理以外にこの処理をするのがポイントになります。
月次に行う会計処理の内容の中に、従業員の毎月の給与計算が重要です。

期末決算は年に一度の処理ですが、会社によってはが中間決算と四半期決算があります。
年間のスケジュールでこの処理を行うべき期日が決まります。
株式会社で株主総会がある会社は、その前に決算処理を行う必要あるので注意をしましょう。

会計の基礎知識を得るには、簿記の勉強をすると役立ちます。
特に仕訳のルールを覚えるためには、簿記の三級程度の教科書を利用すると便利です。
理由としては仕訳のルールなどが理解しやすくなるからです。

会計について身につけたい基礎知識に、決算書の役割意外に賃貸対照表や損益計算書があります。
最近はキャッシュフローを重視する会社が増えており、これについて理解をするように日ごろから勉強をしましょう。

会計に関係する税金の種類

会計に関係する税金の種類を覚える事が会計の基礎知識につながります。 会計でするべき処理内容に、税金の納付などの処理があるからです。 事業をするうえでどのような種類の税金の納付が必要か把握しましょう。 初心者が必要な税金の基礎知識は法人税があります。

仕訳のルールと損益及び損失の重要性

初めて会計に携わる方にとって、仕訳のルールを覚える事が大切です。 仕訳のルールを身につける事で、必要な会計処理が速くなります。 仕訳のルール以外に収支と損益を把握するのは重要なポイントです。 会社の収支と損益の管理は、初心者向けの会計に関わる基礎知識です。